花泉だぢゅー

ここ2、3日は暖かな日が続いております会津若松です。花泉さんより4月からのの限定酒「だぢゅー」が届きました。
■花泉だぢゅー■
純米吟醸2回火入れ
お米は全て南会津産
麹米:五百万石60%
掛米:夢の香60%
四段仕込み米:ヒメノモチ60%
酵母:F7-01(うつくしま夢酵母)
仕込み水:「水源の森百選」の名水「高清水」(全硬度0.5cao mg/dl)
度数:16度
火入れ:2回
本体価格:2,714円(1.8L)、1,362円(720ml)

蔵元案内より・・杜氏曰く、今回のだぢゅーは「とても透明感のある柔らかな甘みと、高清水の沸き水を思わせる綺麗な味。スッキリと飲める軽快感のあるお酒に仕上がりました。飲むたびに旨みが後からやってくるようなお酒です」とのこと。 冷やからお燗まで、お好きな温度でぜひお試し下さい☆

春に向かって気温の緩んでくる、近頃の穏やかな雰囲気と同じように、お酒もまた、冷やされた状態からお猪口にそそぎ、だんだんと穏やかな温度・味わいに変わっていく、その過程を楽しむのも良いのでは……と楽しみにしています! また春とはいえ、肌寒い日もある4月。時にはお燗でほっこり、心とからだを温めてみるのもおススメです。

ところで名前の「だぢゅー」とは、蔵のある南会津町南郷地域の方言です!例えばお酒の席で、「この酒(さげぇ)飲んみゃれ うんめぇだぢゅー」「このお酒、飲んでみて。とっても美味しいよー!」などと使われてきました。親しみをこめて軽く強調するような時に使う言葉で、今でも年配の方などは、時おり語尾に「だぢゅー」とつけて話していらっしゃいますが、丸みと、温かみを感じる言葉で、何となく「だぢゅー」のお酒の雰囲気と似ている気がします。

春へと向かうぬくもりや、穏やかな雰囲気に合いそうな「だぢゅー」。お酒とともに、是非ゆっくりと……。今ならではの季節の変化を味わってみて下さい♪


4月の店休日は2日、9日、16日、23日、30日です。5月の店休日は7日、14日、21日、28日です。実店舗・WEB業務ともにお休みさせて頂きます。営業時間以外は留守番電話対応とさせて頂きます。何卒宜しくお願い申し上げます。


辰泉純米吟醸京の華1号

■辰泉純米吟醸京の華1号■
原料米:会津産京の華1号(契約栽培)57%精米
度数:16.4度
日本酒度:-1
酸度:1.7
火入れ:なし
出荷本数:900本
本体価格:1,750円(720ml)

京の華1号・・京の華は亀の尾を先祖に持つ系譜で、山形県原産の「京の華」を元に1950年代に福島県で独自に選抜育種された改良品種です。その後一旦姿を消しましたが、辰泉酒造さんで1983年に地元農家と共に復活栽培を始め現在に至っています。近年自家採種栽培による不良株の混入・先祖返り・他品種との交配などが懸念されていたため、2015年より開始した「京の華種場プロジェクト」にて原種を新たに入手し種籾の生産を開始。2016年「京の華1号」は農林水産省により、福島県の産地品種銘柄として登録されました。上の動画は種蒔きの様子です。

28By復活した京の華1号で仕込んだ純米吟醸が生酒で720ミリ900本ですが発売となりました。甘・酸・辛・苦のバランスのとれた酒質に加え、このお米の特徴であるじわっと旨味の広がる余韻をお楽しみください。梨系の柔らかな吟醸香、一歩引いた優しい甘み、瑞々しい酸の口当たり。旨味の広がりに併せてしっかりと辛さを感じ、雑味の無い上品で深いまろやかなボディは唯一無比のバランス。のど越しのソフトさ、心地よく響く余韻は夢見心地です。


4月の店休日は2日、9日、16日、23日、30日です。5月の店休日は7日、14日、21日、28日です。実店舗・WEB業務ともにお休みさせて頂きます。営業時間以外は留守番電話対応とさせて頂きます。何卒宜しくお願い申し上げます。


天明ちょいリッチ47五百万石

4月6日本日の入荷をお知らせいたします。人気の天明ちょいリッチシリーズ第1弾登場です。
■天明ちょいリッチ47五百万石純米大吟醸■
麹米:兵庫県産山田錦40%精米
掛米:会津坂下産五百万石47%精米
使用割合:山田錦21% 五百万石78%
酵母:自社酵母NATSUKI
度数:16度
日本酒度:±0
酸度:1.7
火入れ:1回
本体価格:3,500円(1.8L)、1,750円(720ml)
「ちょいリッチ47」シリーズ、普段気軽に飲むお酒よりちょいリッチな(すこし贅沢)がお酒がコンセプトです。
①、価格は3,500円税抜き
②、麹米は山田錦40%精米、掛け米は47%精米
③、酵母は自社酵母NATSUKI
というルールでお出ししていきます。より多くの方に手にして頂きたいのと、更なる味ノリを見据え、全商品熱交換器による1回熱酒急冷でお出しいたします。このお酒は掛米に会津坂下産五百万石米を使用しました。五百万石の幅のある旨味、山田錦とのバランスが特徴です。今期はアルコールを原酒のまま、少し低めに設定致しました。

梨やピーチ、Gフルーツを思わせる香り、潤いのある伸びやかな甘みと酸は、口当たり最高。味わいは透明感を増しグングン伸びていきます。後半来る苦みのスパイスが辛さを演出します。のど越しの良さ、余韻の心地よさは絶品です。冷や・常温でこの素晴らしいポテンシャルを御堪能下さい。

4月の店休日は2日、9日、16日、23日、30日です。5月の店休日は7日、14日、21日、28日です。実店舗・WEB業務ともにお休みさせて頂きます。営業時間以外は留守番電話対応とさせて頂きます。何卒宜しくお願い申し上げます。


会津清酒で花見酒in鶴ヶ城

4/22(土)全会津のお酒が鶴ヶ城に大集合!「会津清酒で花見酒in鶴ヶ城」春の風情あふれる鶴ヶ城で、一杯やんべし!

毎年恒例となりました「会津清酒で花見酒in鶴ヶ城」が、鶴ヶ城の二の丸を会場に開催されます!全会津から蔵元が鶴ヶ城に大集合し、お客様をフェイスtoフェイスでおもてなし!蔵元自慢の厳選地酒を呑み比べいただけます!

入場は無料ですが、利き酒セット5種が楽しめる前売りチケット(500円)をゲットしておくと楽しさ倍増です! 吟醸酒・純米酒・にごり酒・生酒・お好みから5種をセレクトでき、 オリジナルおつまみ1品が付いてきます! こちらは4/4(火)から販売を開始します!200枚限定ですので、お早めにお買い求めください!
他にも前売りなしでも楽しめる、 花見酒ショット販売、お燗酒ショット販売をはじめ、 会津の厳選おつまみをご用意。前売りチケット購入の方と現金でお酒を購入された方は、 豪華景品(会津清酒、品格セット等)が当る大抽選会に参加できます! (こちらは景品が無くなり次第終了とさせていただきます)

例年の鶴ヶ城の桜の開花時期は4月中旬、満開は4月下旬です。 満開の桜の下で、極上の会津のお酒を楽しめるかも!?

お問い合わせは、会津若松酒造協同組合(0242-26-1515)まで

開催日時:2017年4月22日(土) 16:30~20:00(雨天決行)
開催場所:鶴ヶ城二の丸
参加料:入場無料
利き酒セット500円(前売りチケット、税込)※花見酒、お燗酒はチケット無しでも当日お買い求めできます
チケット購入
お問い合わせ 会津若松酒造協同組合 TEL.0242-26-1515


やまよ別品彌右衛門酵母無添加生酛

頒布会2月にお配り致しました喜多方大和川酒造さんの彌右衛門。15年頒布会を行ってきた中で1番の反響を頂きました。大変な数のリクエストを頂きこの度、再度瓶詰め一般発売する事と致しました。仕込当初は素品「彌右衛門」として仕込んだお酒でしたが、昨年までの物と明らかに違う味わいは今期出荷しない方向でいました。ただ杜氏もこのお酒を大変気に入っており、このままお蔵入りするのはと考えていたそうです。頒布会のお酒は直汲みのおりがらみ生原酒でしたが、今回発売するのは、オリ引き生原酒バージョンです。頒布会と混同を避けるためラベルは逆さまに致しました。植木屋限定販売です。

■やまよ別品彌右衛門■
培養酵母無添加・培養乳酸菌無添加 生酛仕込純米生原酒
原料米:大和川ファーム自社栽培米
麹米:夢の香60%精米
掛米:チヨニシキ60%精米
度数:14度
火入れ:なし
出荷本数:300本
本体価格2,600円(1.8L)


佐藤哲野杜氏が初めて仕込んだ自社栽培米仕様の28BY酵母無添加・乳酸菌無添加生酛造りの純米酒、火入れ・割水なしの生原酒。ワインで言うドメーヌに通じるある種理想形のお酒です。江戸時代からの古風な仕込方法ですが、ラベル以上にアヴァンギャルドな味わいとなりました。14度と低い度数の酸の高い甘酸っぱい軽やかな仕上がり。シャルドネのワインの様だと賞賛された方もいらっしゃいます。先日行ったイベントでも、どのお酒よりも一番早くあっという間に空になりました。是非是非どうぞお試しくださいませ。


4月の店休日は2日、9日、16日、23日、30日です。5月の店休日は7日、14日、21日、28日です。実店舗・WEB業務ともにお休みさせて頂きます。営業時間以外は留守番電話対応とさせて頂きます。何卒宜しくお願い申し上げます。