甦る2020

一滴の水・一粒の米が酒になるように
思いやりと心意気の輪は限りなく

■甦る2020■
磐城壽-鈴木酒造店
スペック:純米吟醸酒火入れ
原料米:さわのはな55%精米
原料米生産者:福幸ファーム
アルコール度数15度
本体価格:2,600円(1.8L) 1,400円(720ml)

元々このお酒は鈴木酒蔵さんが蔵を受け継ぐ前の「東洋酒蔵」時代に、山形県長井市が循環型社会(農業)を目指し、一般家庭ごみを回収し堆肥に換え、農作物や加工品を作る「レインボープラン認証」を受けた「さわのはな」米を使用し販売しておりました。

福島県内から長井市に避難した方々が、「NPO法人レインボープラン市民農場」の支援を受け「福幸ファーム」を運営し「レインボープラン」を活用した安心安全な農作物を作っております。避難者である福幸ファームの方々が「郷の粋」である農業にて積極的に地域コミュニティに加わり交流する姿を見て何か蔵元で出来ないかと考えていた折に、「さわのはな」米での醸造以来を受け、販売にいたりました。原料米の「さわのはな」はレインボープランの認定基準をクリアーした認証米になります。

このお酒はいわば避難者が手がけたお酒です。別々の故郷を持ちつつも長井の土で、生きる思いを胸に決め、これに応える様に長井で長年親しまれ何時しか幻の米と呼ばれるようになった貴重な「さわのはな」の種子を農家さんから特別に譲っていただきました。また事有るごとに農業指導してくださった御厚意の詰まったお酒です。
避難者の方が、人とのふれあいを通し気持ちの交流の場を得て益々活動の場が広くなっていってくれれば、そして陽の循環の輪を具現した酒にこの新「甦る」がなれればと思うお酒です。

このお酒は避難児童・生徒たちの支援の酒として避難児童の野外活動支援や福島・宮城の仮設住宅でのワークショップ等の活動をされているNPO「葉っぱ塾」さまへの支援、また被災地で問題になっている文化の分断に対し、食文化を「繋ぐ、甦るプロジェクト事業」を新たに立ち上げ、運用費用に充てる予定です

避難者の方々の状況はその置かれている立場で益々複雑化し、原発災害の根深さを改めて痛感させられます。田んぼから始まる「甦る」の製造・販売を通じ、震災を忘れず微力ながら被災者への明日への一歩へ繋げる事、陽の循環を目指しますので、変わらぬお力添えを頂戴し、一人でも多くの方へお伝え頂けます様宜しくお願い申し上げます。


3.11メモリアル酒「ゴールデンスランバ2020」

東日本大震災から丸9年を迎えるに当たり「磐城壽」鈴木酒造店様よりメモリアル酒「ゴールデンスランバ」入荷いたしました

「ゴールデンスランバ」は、「献杯酒」としてのコンセプトは残しつつ、「メモリアル酒」と表記を変更いたします。被災地では個別化が深刻となって来ており、また被災地間でも復興への足音が揃わず、一方では文化寸断と、時間経過と言うものに残酷さを感じる次第です。被災地を含めたより多くの人たちが想いを一つにし、同じ時を刻み、寄り添い、明日のための語らい場を一つでも多く創ることを実行委員一同、強く願っております。今年は新たに伝統というエッセンスを加えました。震災を風化させず、亡くなった命と今ある命を尊びそして結ぶことこそが、このお酒の使命と考えております。本年も宜しくお願い申し上げます。

 3.11メモリアル酒「ゴールデンスランバ」実行委員会一同

銘々縁起
千葉県から東北の太平洋沿岸には広く安波信仰が残っております。浪江町請戸蔵の地区鎮守である苕野(くさの)神社は式内社で、毎年2月に大祭である安波祭が執り行われておりました。地元では「安波様(あんばさま)」と呼ばれ、近県の漁業関係者等からも信仰を集めた賑やかな祭です。また、本企画発案者である山形市「正酒屋六根浄」熊谷様の出身地である気仙沼にも安波山があり、同様の信仰の場となっておりました。それぞれの頭文字を取った「S×Rの安波」からビートルズのゴールデンスランバーを連想しました。歌詞が「かつてそこには故郷へと続く道があった かつてそこには家へと続く道があった」から始まるあたり、単なる偶然とは思えませんでした。「あんばさま」が今回の酒を導いてくれた、そう感じています。※この酒は東北太平洋沿岸の安波信仰が残る各お社様に奉納した後、出荷させて頂きます。

フェイスブックページhttps://www.facebook.com/groups/1551528435170989/で昨年同様ご交流いただけます。

東北のものを用いて、清々しい明るさを持つ酒質を目指しました。今期も生もと造りです。
解禁日:3月11日
仕込み:R1BY42号仕込み
スペック:生もと造り純米吟醸生酒
原料米:福島市産「夢の香」100%使用(契約栽培米100%) 
精米歩合:55%
酵母:協会6号 
度数:15度
火入れ:なし(本生)
出荷本数:1,500本
本体価格3,000円(1.8L)のみ

飲食店用GスランバメニューPDFファイルです。ダウンロードしてご自由に御使い下さい


新入荷案内


3月5日、本日の入荷をお知らせいたします。まずは南会津町男山酒造さんより新酒の生
■開当男山辛口純米生■
麹米:夢の香60%精米
掛米:チヨニシキ60%精米
アルコール度:15度
日本酒度:+5
本体価格:2,500円(1.8L)、1,250円(720ml)
受注生産の限定品となります、R1BY純米辛口生酒になります。口当たりはスッキリ、華やかすぎない落ち着いた吟醸香、瑞々しい甘さも控えめで辛さのエッジが効いた綺麗な飲み口です。ボディは鮮度を残しつつまろやかで旨味を乗せて程よい膨らみ、常にシャープな辛さが寄り添います。のど越しも切れが良く、余韻も綺麗です。シャープな辛さを持ち、生酒らしい華やかジューシーさも垣間見せる飲み飽きしない素晴らしい仕上がり。是非どうぞお試しください


喜多方市夢心酒造さんからは裏商品、奈良萬純米大吟醸の貴重な生酒バージョンが2種
■奈良萬純米大吟醸中垂れ■
原料米:会津産五百万石48%精米
酵母:うつくしま煌酵母
度数:17度
本体価格:6,000円(1.8L)、3,000円(720ml)
奈良萬さんの貴重な純米大吟醸の生酒です。こちらは中垂れ部分のみ瓶詰めしました。
味わいは言わずもがな、本数超限定の裏バージョンです。どうぞよろしくお願いいたします。
中垂れ・・お酒を搾る際に最初に垂れてくる「あらばしり」部分、最後の「セメ」の部分を省いた、酒質の安定している一番バランスの良く美味しいと言われている「中取り(中垂れ、中汲み)」部分

■奈良萬純米大吟醸おりがらみ■
原料米:五百万石48%精米
酵母:うつくしま煌酵母
度数:17度
本体価格:6,000円(1.8L)、3,000円(720ml)
奈良萬さんの貴重な純米大吟醸の生酒です。こちらはオリを絡めて瓶詰めしました。
味わいは言わずもがな、本数超限定の裏バージョンです。どうぞよろしくお願いいたします。


会州一さんより出品用の雄町のしずく取り生
■儀兵衛純米吟醸雄町中取りしずく生■
原料米:備前雄町50%精米
度数:16度
日本酒度:-6
酸度:1.5
酵母:うつくしま煌酵母
杜氏:櫻井光治(会津)
本体価格:4,064円(1.8L)、2,036円(720ml)
岡山県産雄町米を50%まで精米して仕込んだ純米吟醸、鑑評会に出品するお酒です。しずくで採った中取りバージョン無濾過生原酒という貴重な1本です。中取りとは、酒を搾る際、あらばしりの後に出てくるもので斗瓶に取って保存します。一番まろやかでバランスの良い部分で、鑑評会用に出品される部分です。オリがうっすら絡んでおります。
出品酒の搾りたて、ピチピチしていて何よりフルーティな吟醸香、甘みにジューシーな鮮度を乗せて上品なボディが気持ち良く流れて行きます。 
数少ない貴重な1本です。どうぞお早めにお願いいたします


そして上の商品、美山錦純米吟醸のしずく取り生です。当店割り当て6本、1.8L4,000円税込みです。ご希望の方はお店までお電話ください。

最後に写楽です。定番純米酒、3月7日日(土)販売いたします。店頭販売のみ、ひと世帯に付きどちらかのサイズ1本の販売です。予約・取り置きは承りません。数が少ないのでどうぞお早めに、どうぞ宜しくお願い申し上げます。本体価格1.8L2,600円、720ml1,300円


新入荷案内


3月4日入荷ラッシュです、ひとつづつご案内申し上げます。まずは会津坂下町豊国酒造さんより2種
■豊久仁BLEND山田錦x雄町■
麹米:兵庫県産山田錦
掛米:岡山県産備前雄町
精米歩合50%精米
酵母:TM-1とM310
日本酒度:+2
酸度:1.6
火入れ:なし(生原酒)
度数:17度
本体価格:3,600円(1.8L)、1900円(720ml)
麹米に兵庫県産山田錦、掛米に岡山県産備前雄町で仕込ましたR1BY新酒の生原酒になります。洋ナシのようなフレッシュジューシーな含み、甘みは塾感もありつつ軽やかで瑞々しく広がります。雄町らしい辛めの苦みが心地よく、甘みを上手に包みます。山田錦のゴージャスさを雄町のドライさが引きしける印象、のど越しにも辛さを残しドライな余韻をもたらします。高品質な大吟醸にメリハリをつけ新酒らしいフレッシュさの中で表現できた1本。非常に良い出来栄えです

■豊久仁純米吟醸山田錦生原酒■
料米:兵庫県産山田錦50%精米
酵母:F701とM310
日本酒度:+1
酸度:1.4
火入れ:なし(本生)
度数:16度
本体価格:3,600円(1.8L)、1,800円(720ml)
兵庫県産山田錦で仕込みましたR1BY新酒の生原酒になります。透明感冴えわたる口当たり、香りやパインアップルやキウイ・メロン系、華やかすぎずきれいに香ります。甘さは非常にジューシーで搾り切れないほどの瑞々しさ。辛さの要素は控えめで山田錦らしい苦み、酸も脇役として旨味を引き立てます。旨味を乗せつつ軽やかに仕上がった素晴らしい仕上がり、のど越し余韻もソフトに消えていきます。山田錦はうまいなあと改めて感じさせてくれる貫禄の仕上がり。是非お試しください


同じく会津坂下町曙酒造さんからは中取りシリーズ
■天明中取り四号■
スペック:純米おりがらみ無濾過生原酒
原料米:岡山産赤磐市大苅田産雄町65%精米
日本酒度:+2
酸度:1.3
アルコール度数:16度
酵母:ふくしま夢酵母F701+協会1001
火入れ:なし(本生おりがらみ原酒)
本体価:3,000円(1.8L) 1,500円(720ml)
岡山県赤磐市大苅田産通称「赤磐雄町」で仕込む4号。65%磨きの純米酒です。「より身近に」をコンセプトに雄町らしさにより寄せつつも、天明らしい旨甘酸と丁寧で清潔な仕事から生まれる透明感、天明のドライ感もプラスしております。清々しい含み、香りはオレンジやGフルーツ、りんご系のフレイヴァー、甘酸っぱいイキイキした酸と芳醇で軽やかな甘さが魅力的。思いのほかしっかり感じられる甘さですが非常に軽く繊細、いつもよりハッスルした天明らしい酸が初々しさを感じさせます。雄町らしくしっかりとした辛さもあり、ボディは非常に良いまとまりを見せています。メリハリのはっきりとした天明では珍しい華やかタイプです。うっとり酔いしれてください


そして今シーズン最後の製造となりましたスノードロップベリーベリー
■スノードロップ・ベリーベリー■
日本酒ベースヨーグルトリキュール
原材料:日本酒、ヨーグルト、ブルーベリー果汁、イチゴ果汁、ぶどう糖、クエン酸
度数:5度
火入れ:なし(本生)
賞味期限:40日(2020年4月13日まで)
本体価格:3,048円(1.8L),1,524円(720ml)、810円(360ml)
会津坂下産の瑞穂黄金米で仕込んだ純米酒と、同じ会津坂下町にあります「会津中央乳業」さんの「ヨーグルト」を調合した日本酒ベースのリキュールです。北会津町宮袋産のイチゴ果汁と北会津みのり農園さんのブルーベリー果汁をブレンドした”ベリーベリー”になります。火入れ殺菌なしの本生バージョン、価格もノーマルバージョンと同じ。価格的にも大変お買い得な1本です。芳醇なイチゴの風味に、ブルーベリーのコク。ヨーグルトとのバランスもばっちりまとまっています。まったくお酒と感じさせない飲み口は、スイスイ行ってしまいます。


会津娘さんからは穣シリーズより「片門」
■会津娘「穣」片門■
この土地の穣(みのり)を醸(かも)す
当蔵では地元会津の米・水・人で造り上げる『土産土法』をテーマに掲げ、地元会津産の酒米『五百万石』を主に酒造りに取り組んでおります。
生き物を育てる酒造りで、全く同じお酒ができることはほぼありません。酒米づくりでも、 その年々の気候はもちろん土、 風、 水、 陽のあたり全てが田んぼごとに違い、同じ品種であってもそれぞれ面白いくらいにその土地の性格がよく現れたお米に育ちます。
正にテロワールそのものですが、日本酒の味わいは、 原料であるお米と水以上に、造る人によって決まります。とはいえ日々の米作り ・酒造りのなか、気付かされたこの 『土産土法』 の醍醐味をお酒を通じて伝えたいという思いがあります。この場所でしかできない私達にしかできない酒造りで何ができるか、髙橋庄作酒造店としてのひとつの答えがここにまとまりました。

ひとつの田んぼからひとつの商品をつくる
これからの会津娘では、会津の酒造好適米だけで造る純米酒を基本に、その中から更に「一枚の田んぼで穫れた米ごとに仕込む純米吟醸酒」を酒造りの中心に据えて 圃場限定会津娘『穣じょう』 として、 田んぼごと季節ごとに蔵出しをしていきます。初年度、 四町歩の自社田の中から特徴的な七枚の田んぼを選びました。今後次なる自社田さらに契約農家さんそれぞれとっておきの田んぼへと、 『穣じょう』 は拡がっていきます。お米からお酒を造る、 という変わらずにに積み重ねていく営みのなかで、 年々の気候や蔵の様子も全て私たち自身の年代記のように〝ヴィンテージ〞として味わいに籠(こ)め『土産土法の酒造り』 のその先を目指しこれまで以上に深く向き合い取り組んでいきます。

片門(かたかど)・・会津坂下町片門地区の「夢の香」契約農家さまの圃場「片門73」として新たに発売を予定しておりましたが、台風19号で玄米が精米工場にて被災し、醸造ができなくなってしまいました。
幸い出荷前で被災を免れた「夢の香」をあらためて頂けましたことで、2020年に限り栽培圃場名ではなく栽培地区名「片門」として商品化をすることと致しました。

スペック:純米吟醸酒
原料米:会津産夢の香55%精米
圃場:会津坂下町片門
日本酒度:±0
酸度:1.4
度数:16度
火入れ:1回(要冷蔵)
蔵出し本数:1,200本(720ml)
本体価格:2,000円(720ml)
夢の香が持つ透明感が最大限生かされました。寄り添う酸、辛さ苦みのバランスも素晴らしい1本です


そして喜多方は会津吉の川さんから純米の新酒しぼりたて
■吉の川純米無濾過生原酒■
原料米:喜多方産五百万石60%精米
度数:16度
日本酒度:±0
酸度:1.4
本体価格:2,500円(1.8L) 720mlはございません
R1BY純米酒の新酒無濾過生バージョンです。マスカットぶどうや青リンゴを思わせる清々しく瑞々しい口当たり。微かな発泡感とフレッシュな苦みも少し効いた非常に魅力的な口当たり。甘みは芳醇ですがお淑やかで柔らかく膨らみ伸びていきます。瑞々しい酸をともない爽やかに流れていきます。のど越しの切れはすこぶる良く、芳醇な旨みもスッと切れ、心地よい余韻が続きます。大吟醸のような気品も随所に垣間見れ、蔵元の腕の確かさを見せてくれます。流石の仕上がり、是非お試しください


まだまだ続きます。南会津町会津酒造さんから「山の井50」生
■山の井50生■
スペック:純米大吟醸生酒
原料米:岡山県産雄町50%精米
度数:15度
火入れ:なし(本生)
本体価格:3,800円(1.8L)、1,800円(720ml)
「山の井50」第1弾、雄町米50しぼりたて生酒になります。誰にでもわかりやすく美味しいと思って頂くことを前提に、ずっと飲み続けられるような軽さを追求致しました。程よく香りと甘みがあり、綺麗で、出来立てながら柔らかく飲みやすい酒質です。微かな発泡感、ナイアガラぶどうを思わせる香りは強すぎずちょうど適当、瑞々しさに溢れた魅力的な口当たり。軽やかな甘みはしっかりと且つ上品に。雄町らしい凛々しい酸に辛さもしっかりとあり、確かな品格をアピールしながら軽快に頂けます。雄町という酒米の特徴を活かしながら山の井らしく仕上げました。
年に1度3月出荷の限定生バージョン、この機会を逃さずにお願いします

最後は南会津町花泉酒造さんより「花見ロ万」です
■花見ロ万■
スペック:純米吟醸低アルコール一回火入れ
原料米:すべて会津産契約栽培
麹米:五百万石50%精米
掛米:夢の香60%精米
四段米:ヒメノモチ60%精米
酵母:うつくしま夢酵母F7-01
仕込み水:「水源の森百選」の名水「高清水」(全硬度0.5cao mg/dl)
度数:13度
本体価格:2,618円(1.8L)、1,336円(720ml)
今年は雪が少ない南会津。いつもは雪で覆われているはずの地面は顔を出し、小さな花を見付けられるほどあたたかく、陽射しも柔らかくなって参りました。そして、今年もこの季節が来ましたね😊とお客様から嬉しいお言葉を頂く花見ロ万。ロ万シリーズのなかで、もっとも軽やかなアルコール分13度。日本酒がお好きな方はもちろん、普段あまり日本酒を飲まれない方や、初めての方でも、軽やかに美味しく、気軽に日本酒を楽しんで頂きたいと誕生したのが花見ロ万です。低アルコールではありますが、もち米四段仕込みならではの旨みはしっかりとあり、優しい甘みがふわりと広がります。今年の味わいを、どうぞお楽しみ下さい🌸


新酒!志ぼり多て萬代芳生酒


3月3日桃の節句です。本日の入荷をお知らせいたします。「風が吹く」でお馴染会津美里町白井酒造さんより新酒「萬代芳春便り」です
■志ぼり多て萬代芳生酒■
スペック:特別本醸造生原酒
原料米:五百万石60%精米
度数:18-19度
本体価格:2,400円(1.8L)
元々冬季間のみの出荷の商品なんですが大変素晴らしい味わいなので、蔵元にお願いして一年通して販売させてもらっております。吟醸クラスの本生原酒「春便り」植木屋オリジナルラベル、新酒R1BYしぼりたてです。地元会津の居酒屋さんでも大変御贔屓にして頂いております。
大吟醸の品格漂う上品な吟醸香はふわりと軽やか、キウイフルーツやGフルーツを連想させます。舌に馴染む柔らかい甘み、生原酒らしくボディは力強く、アル添らしくシャープで凛とした辛さがあります。全体的に大変まとまっていますので呑みやすくスイスイお酒が進みます。喉越しのキレも良く、余韻の辛さも心地良く響きます